2008年08月17日

1次試験の勉強法(財務分析)

最後に財務分析の勉強法です。この科目も基本的には過去問の反復で問題はないのですが、私は最初に「会計のことが面白いほどわかる本」をたまたま読んでいてこれが実にその後の勉強を楽にしてくれました。この本はこと暗記になりがちな会計について、背景や考え方から平易な用語で丁寧に説明してくれています。会計というものがどういうものかを理解するのに一番の近道といえると思います。

あとは過去問の反復とTACテキストでの確認でOKなのですが、財務分析の最後の大問はここ数年ずっと同じ形式で出ています。これを解けるかどうかが勝負の鍵となってきますので、特に最後の問題については過去問を繰り返し解いて慣れておくと良いと思います。



posted by 貧乏独学者 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

1次試験の勉強法(経済)

経済は基本的に過去問をこなしておけば容易に突破できると思います。証券分析と同じくまず過去問を解いて、解説を読んでも理解できなかったらTACのテキストで内容を確認、という流れでよいと思います。

TACの過去問には重要度に応じて☆マークがついていますが、☆3つのものだけまず最後まで全部やって、終わったら次は☆2つのものも含めて最初から全部やり直して、時間があれば最後に☆1つも解いてみるという感じて進めると効率的でしょう。証券分析と違って複雑な計算式は多くないので、1周こなすのにそれほど時間もかからないと思います。

これだけでも試験の合格は可能だと思いますが、一度体系立ててきちんと学習したいの方へのオススメは中央経済社の「経済学入門塾」シリーズです。証券アナリストだけでなく公務員や公認会計士の「経済」の科目に合格するために書かれた本なので、試験に問われやすい要点を体系的に学ぶことが出来ます。しかもわかりやすいので1冊終わるのにもそれほじ時間はかからないでしょう。1次試験レベルであれば「Tマクロ編」と「Uミクロ編」をやっておけば十分だと思います。

posted by 貧乏独学者 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 1次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。