2009年02月16日

<市場と経済>第2章 国際金融論終了

先週は平日が忙しくてまったく勉強ができなかったのですが、計画通りに進めるため、本日の日曜日のみで一気に国際金融論を学習しました。

内容は一次試験と重なる部分が多いのですが、一次試験の時から為替レートの決定理論については苦手であったため、少し入念に読み込みました。章末問題までこなしてようやく身に付いた感もありますが、試験までに苦手意識を克服するために、協会のテキスト等も含めて再度復習しようと思います。

その他の部分については、数式で考える以前にこの業界で働いていれば常識で理解できる部分も多く、問題を数問解いているうちによく問われるポイントもつかめたので、一通りマスターできたと思います。

あと2週で経済を終える予定ですが、今は細かいことの暗記は後回しにして(どうせ試験までには忘れてしまうので)、とりあえず残りも概念の理解に専念したいと思います。

現在までの勉強時間・・・8時間



posted by 貧乏独学者 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。