2009年08月02日

振り返り

試験合格から数日経過してようやく興奮も収まってきたところで、改めて今回の試験を振り返ってみます。

過去の記事を読んでもらえればわかると思いますが、当初の計画通りに学習を進めることができず、試験当日の時間配分にも失敗する始末。到底ダメだと思っていましたが、それでも受かってました。

一番の勝因を挙げるとすれば、とにかく試験本番で回答を埋めまくったこと。何となく見たことがあるくらいの問題でも、自分勝手な強引な理屈でいいので回答用紙を埋めたことがよかったと思います。見当ハズレの回答でない限り、×にするのは難しいと思われる問題が多くあります。そういう問題で部分点を小まめに稼ぐことが大事だと思います。

そのためには、全範囲を一通りでもいいから学習して練習問題や過去問を解いておき、まったく見たことがないという問題を限りなく少なくすることが重要だと思います。さすがに初めて見るテーマについて論じるのは敷居が高すぎますからね。

今回私はギリギリの合格だったと思いますが、もう少しきちんと勉強していればある程度の余裕が持てたと思います。というのも途中からちょっと無理なスケジュールで押し切ったため、苦手な分野を克服仕切れなかったからです。具体的には、デリバティブのうち通貨オプションとスワップ、また企業分析全般は最後まであやふやなまま試験に臨むこととなってしまいました。で、それらが本番でも出題されてしまい、焦る結果となってしまいました。

時間に余裕があれば、苦手な分野にある程度を多めに費やし、できる限り苦手意識をなくしておくことが大事だと思います。一次試験である程度何が苦手分野かはわかっていると思いますので、計画の段階でその分野に多くの時間を用意しておくとよいと思います。

それでも時間が余る人は、協会のテキストや参考図書、あるいは試験範囲に絡む一般書籍を読めばいいと思います。今回もTACのテキストでは出ていない問題が出ましたし、TACのテキストは全範囲を網羅しているわけではありません。あくまで、「総まとめテキスト」なのです。


私は計画通りに勉強を進められなかったために、115時間しか学習時間が取れませんでしたが、当初計画通りにやっていれば150時間程度だったと思いますし、独学でもこれくらいやれば合格レベルに達することができるでしょう。年明けからコツコツとやって丁度いいくらいだと思います。周りを見ているとゴールデンウィークから必死に勉強を始めた人はほぼ全滅、逆に合格した人は3月以前から始めた人が多かったです。個々のレベルにもよりますが、ぜひ一科目に1ヶ月は学習時間を取ることをオススメします。

以上、勝因と反省点を振り返ってみました。


さて、今後の当ブログですが、せっかく見に来てくれる人が結構いますので、記事の更新は続けていこうと思います。内容についてはアナリスト試験について思うことや試験勉強の振り返り、また他の資格試験へ向けた勉強や金融関連で読んだ書籍の感想など、自由なテーマで書いていきます。週に1度くらい更新できたらいいかな。では、今後ともよろしくお願いします。


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン


posted by 貧乏独学者 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

まさかの合格!

今日、家に帰ってポストを見ると、証券アナリスト協会からの封書が。試験を受けたこと自体忘れかけていましたが(笑)、時期的に合否通知であることはすぐに勘付きました。で、その封筒を手に取ってみると、やけにいろいろと入ってそうに感じ。まさか、と思いつつ急いで封を開けてみると、合格の通知が入ってました。

今回は本当に諦めていたので予想外の結果でしたが、本当に嬉しいです。だってもうあの苦痛な試験勉強をしなくていいんですから(笑)。

合格率を見ると、44.4%とのこと。ここ5回ほどが30台後半だったことを考えると、今回はかなり甘めだったようです。問題のレベルが上がった(と感じた)分、苦情が出ないように採点を甘くしたか、あるいはボーダーラインを引き下げたかしたのかもしれません。

自分の得点は試験直後にも書いた通り、午前3割、午後6割強といった水準から大きくずれてはいないと思います。ということは少なくとも今年は4割5分〜5割取れれば受かったのではないかと。もちろん、記述部分での得点はどれくらい取れているのかはわかりませんが、この水準はある程度の目安にしてもらってもいいかと思います。自分が優秀でないためにギリギリで合格したことで、今後受験する方の役には立てたかもしれませんね(笑)

さて、合格の要因とか、今後受験される方へのアドバイスとかは今後ちょくちょく書いていくとして、ひとまず今日は勝利の美酒に酔いしれたいと思います。


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン
posted by 貧乏独学者 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

TAC解答例

TACから解答例が発表されました。
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/analyst/ana_0906.html

自分の書いた答えをはっきりとは覚えていないので(特に計算問題)、正確な採点はできていませんが、ざっくりとした感覚ではやはり午前が3割ちょっと、午後が7割弱というところでしょうか。

「講師室コメント」によると特に難しくないようなことが書かれていましたが、個人的な感想では解答を見た後でもやはり午前試験は難しかったように思います。午後試験についてはしっくりとくる解答ばかりですが、午前試験の解答はぼんやりとしか納得できません。来年もこのレベルだとちょっときついです。


さて今後ですが、しばらくは直接的な試験勉強はせず、もうちょっと読みやすい書籍を読み漁って基本的な知識を幅広くつけたいと思います。良書と思われるものがあれば、紹介もしていきます。逆にオススメの本があればコメントいただけるとありがたいです。

あと、他の資格系のブログを読ませていただくうちに、勉強に対するモチベーションがちょっと上がってきたので、今後はFPか簿記にでもチャレンジしようかと思っています。

そんな紆余曲折を経ながら来年は一回り成長した状態で試験に臨みたいと思います。ブログの方も時々更新していくと思いますので、ちょくちょくと読みに来ていただけたら嬉しいです。



ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン


posted by 貧乏独学者 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

試験終了・・・

本日果敢な気持ちで試験に挑んでまいりました!そして見事返り討ちにあいましたorz

敗因は午前試験。時間配分を間違えて最後の1問はほとんど手付かずだったたけでなく、その他の問題もまったく解けた実感もなくほぼ壊滅状態。午後がそれなりに手ごたえがあったたげに残念です。


以下もう少し細かく振り返ります。

まず、午前試験。問題は10問でした。そしてここで早速1つ失敗があるのですが、午前の試験で時間の配分を9問を前提にやってしまい、10問であることには気づいたのは試験半ばでした。1点あたり1分で時間配分すればよかったのですが、過去問の経験から1問あたり20分でもお釣りが来るという計算に慣れていたしまったために起こしたミスです。その結果、後半はハイペースで解くも、最後は時間切れでした。

そして試験の内容ですが、過去問を一通り解いただけでは解けないようなものが散見されました。例えば「負の歪度」なんて初めて見た言葉なのにいきなり意味を問われたばかりかその後の小問もそれに関する問題だし、他にもt検定を行う時は過去問ではt値が与えられていてそれが2.0を上回っているかどうかを見れば良かったのに、今回はt値が記載されておらず、標準誤差から求める必要がありました(わからないので適当に求めてみましたが、帰って調べたらハズレでした)。

そして、テキストや過去問で解いたことがあるような問題も、苦手分野のオンパレード。デリバティブにおいては苦手な通貨スワップやリスク中立確率が、財務分析では軽めに流していた米国会計基準が出てしまい、もう試験中は泣きたい気持ちでいっぱいでした。午前試験全体で3割程度のできだと思います。


次に、午後試験。こちらは9問でした。
職業倫理の初っ端の穴埋めが埋められず、やっぱり午後もダメかというスタートでしたが、その後は結構快調。こちらは過去問で解いたことのある問題のオンパレードで、午前とは違う試験を受けているようでした。こちらは計算問題がそれなりにあっている前提で、うまくいけば7割くらいは取れたかもしれません。といっても過去問を解いているとちょくちょく計算ミス犯してるんで、6割くらいの出来と見るのが妥当かもしれません。

ということで、午前3割、午後6割なので、恐らく足らないでしょう。奇跡的に計算ミスがなくて記述問題の部分点が想像以上にもらえていた時のみ合格です(もちろんある程度の部分点はすでに上の予想点数には入れています)。ってそんなこと言ったらほとんどの人が合格になっちゃうもんなぁ。

淡い期待はやめて、しばらくは開放感に浸りたいと思います。はぁ、疲れた〜〜〜〜〜!!


またちょっとしたら記事書きます。合格まではブログ続けると思いますのでよろしくです。合格した後はどうしようかと悩んでいたのは杞憂に終わりそうです(--;)



ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン


posted by 貧乏独学者 at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

試験前夜

いよいよ明日となりました!

今週は昨年分の過去問を解きながら、その周辺の危うい知識を1つずつ潰していきました。昨年と同じ分野が出ればそれなりに解ける状態にはなりましたが、それ以外ははっきり言って危ういですね。もう、運にかけるしかないです。

また、補講のテキストを一通り読みました。こちらで基本的な知識を広く浅く復習した形になります。

勉強不足であることは今さらどうしようもないので、後は埋められるだけ埋めてきます。わからなくても想像で解答を作り上げます。ぎりぎりのボーダーラインだった時にこの根性がものを言う気もするので。

ということで、この1ヶ月間は自分でもよくがんばったと思うので、後はそれをぶつけてきます。一緒に受験する皆さん、がんばりましょう!!今日は過去問を流し読みしながら眠くなったら寝ます・・・。

総勉強時間・・・約115時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

過去問解いてみました

この前の日曜日に予定通り、本番と同じ制限時間で一昨年の過去問を解いてみました。以下、その感想です。

まず、時間について。これは正直言ってかなり厳しいと感じました。ちょっと時間がかかりそうな問題は後回しにしようと思って飛ばしたりもしましたが、後回しにしている余裕はありませんでした。また、本番ではないという意識があるので、解答は殴り書き。訂正も消しゴムは使わずに横線引っ張って書き直しましたが、それでも時間ギリギリ。丁寧な字で消しゴムを使って書いていたら時間不足は間違いないです。ちょっと悩みそうでしかもまともに解答できそうにない問題はある程度切り捨てて、確実に取れる部分で取る作戦にする必要があると思います。

次に出来についてですが、まだ現状のままでは合格は厳しいと思います。どの大問も大体半分くらいはできてそうな感じはしますが、大問を丸々落としてしまうようなケースもあり、全体としては少々得点が足りない感じです。計算問題でちょっとしたミスが多いのが痛いです。電卓の打ち間違いや足すべき数値を引いていたりとどれももったいないミスなのですが、本番は時間が足りないので焦って同様のミスを犯さないか心配です。記述問題については自分の判断で勝手に部分点をつけてますが、これについてもちょっと甘いかもしれません。

以上、印象としては、絶望的とは言えないまでもここからの追い込みをかけないと厳しい感じです。いい加減もう疲れてきたというか飽きてきましたが、あと数日は昨年の過去問を解きながら知識の整理に励みたいと思います。

なお、知識の整理にあたっては協会の補講テキストはすごく便利だと思います。CDを聞くのは途中で断念しましたが、テキストを読むだけでも重要ポイントの復習になります。練習問題が付いている回もありますが、本番でも似たような問題が出るかもしれません。読むだけならそれほど時間もかからないので、ぜひ一読してみることをオススメします。相変わらず本講座の方のテキストにはまったく目を通していませんが(笑)

ということで、ラストスパートがんばります!


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス


posted by 貧乏独学者 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

全範囲終了

企業分析のテキストを読み終え、TACの過去問も解き終わりました。これで一応全範囲を一通り学習し終えたことになります。

ただ、企業分析についてはテキストはほとんど問題を解かず、章末問題もちょっと考えたらすぐに解答を読むという感じで進めていったので、きちんと頭に入ってはいません。現に過去問ではほとんど正解できませんでした。本番までにどうにかなる気もしませんが、あと一週間で公式等をできるだけ詰め込んで、本番はこの科目については部分点狙いに徹し、他の科目にみっちり時間をかける作戦で行こうかと思っています。

ただ、この科目について1つだけまともに理解できている分野があります。それは会計制度の章です。それはまさしく1次試験でも紹介したこの本のおかげです。
会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>
会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>天野 敦之

おすすめ平均
stars本当に良い本です!
stars天使とウサギが紐解く会計の「本質」
stars税効果会計の説明が秀逸!

Amazonで詳しく見る

税効果会計、退職給付会計、連結財務諸表など主要な項目が本当にわかりやすく書かれていて、先日読み返したらよい復習になりました。

さて、明日は協会の一昨年度の過去問を時間を計って解いてみます。本番でもないのに集中力が持つかわかりませんが、やれるだけやってみます。

現在までの総勉強時間・・・92時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス


posted by 貧乏独学者 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

<企業分析>第2章 コーポレートファイナンス まで終了

なかなか予定通りには進まないもので、企業分析はまだ終わらせることはできていません。ただ過去問の方だけは予定通り進めたかったので、テキストはひとまず第2章まで読み進め、その後過去問の「第1章 株式価値評価」「第2章 コーポレートファイナンス」を解きました。

正直、財務分析は苦手です。まず覚えなければならないことが非常に多いですし、似たような計算式もたくさんあって頭がこんごらかります。そういう意味では時間をかけてきちんとやれば高得点が望める科目なのかもしれませんが、勉強時間の絶対量が足りない僕のような人間にとっては鬼門です。

そして僕はひねくれものなので、問題を解きながら「そもそも各モデルに前提が多すぎて、こんなんじゃ実務に耐えられないんじゃないの?実際、アナリストの予想する株価なんて全然当たってないじゃん」なんてことをついつい考えてしまい、勉強するモチベーションもあまり上がりません。

とはいえ、試験には毎年必ずある程度のボリュームで出るのでやるしかありません。来週までに何とか詰め込みます。うーん、今年落ちたとしてもこの科目はしばらく勉強したくないなぁ。


現在までの総勉強時間・・・85時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス
posted by 貧乏独学者 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

<過去問>第T部、第V部、第W部 終了

この土日も順調に3章ずつ消化し、これで証券分析、経済、職業倫理が終了いたしました。予定通り第U部はすっ飛ばしています。

経済については内容はオーソドックスな感じがしましたが、いざ文章にすると難しいです。解答例のようなきっちりとした内容は書けないので、いかに方向を間違わずに部分点をもらいにいくかが鍵になりそうです。

職業倫理は今回初めて内容に触れましたが、これも完全な正解を書くことは難しいと感じました。ただ、一度過去問で慣れておけば答えを大幅に間違えることも考えにくく、過去問とまったく傾向が異なる問題が出なければ何とか足切りラインはクリアできる気がします。


さて、来週の土日に第U部も終わらせたいところなのですが、とりあえず財務分析(企業分析)を一通り終わらせないことには話になりませんので、もし金曜までに終わらなければ土曜日を一日財務分析に費やして、日曜と来週の土曜で過去問を終わらせようと思います。ちなみに現在、財務分析はTACのテキストをただただ読み進めて3分の1くらい読み終わったところです。まだ章末問題を解いていないのでどの章も終わったとは言えませんが、ここまでは順調に理解できているつもりです。さすがTAC、必要最低限によくまとめてあると思います。
4813230938証券アナリスト2次対策総まとめテキスト 企業分析〈平成21年試験対策〉
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2009-01




また、さらに日課をひとつ課します。それは補講のCDを平日の予定がない日は毎日1巻聞くこと。なぜ今さらこんなことを始めるかというと、協会から最初に配られたスタディガイドのオーディオ教材の説明が「通信テキスト執筆者等を講師として、重要事項や新分野の解説を収録」となっていたからです。テキスト執筆者がわざわざCDに重要事項として入れてくれる内容なのだから、試験でも出題される可能性が高いのでは、と思ったわけです。自分の学習の一通りの復習にもなりますしね。

相変わらず厳しいスケジュールですが、いまさらぐだぐだ考えても仕方ないので試験まで突っ走ります。

現在までの総勉強時間・・・70時間



ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

<過去問>第T部 第6章まで終了

昨日と今日の土日は過去問を解き、予定どおり1日3章ペースで進んでいます。
ちなみに
第1章 債券ポートフォリオ分析
第2章 株式ポートフォリオ分析
第3章 派生資産投資戦略
第4章 投資政策とアセット・アロケーション
第5章 国際証券投資
第6章 オルタナティブ投資
といった内容で、証券分析のど真ん中部分だったので手ごたえ満点でした(汗)
4813224679証券アナリスト2次試験過去問題集〈平成20年試験対策〉
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2007-12



過去問を解いてみての感想ですが、まず問題をぱっと見たときは漠然と書くべき内容はわかっていてもどう書いたらいいのかよくわからず、実際書いてみて答え合わせしてもポイントが書ききれてないことが多くおそらくまだ合格点にはほど遠い状態です。ただ、解答や解説を読めばなるほどそうかっ!と思えることがほとんどで、その意味では自分の成長を感じ取れ、もう少しがんばればもしかしたらいけるかもという気にさせてもらえました。

ちなみに、私の使用している過去問は平成20年度対策のもので(最新版の1つ前です)、掲載されているのが平成17年〜平成19年(6月)の3回分が各分野ごとに整理し直されてます。一方協会からは平成19年(6月)〜平成20年の3回分の過去問が送られてきてますので、重複するのは一回分のみ。意外に古い過去問を使用した方が多くの問題に当たれていいかもしれませんね。ただ、過去問だけでは試験範囲を網羅できていないので、あまり解けなかった分野についてはその周辺部分も復習することにしています。

それと過去問の目次を見て意外だったのが企業分析の問題数の多さ。証券分析がほとんどの割合を占めるているのだろうと思っていただけに手付かずのこの科目の分量の多さにはちょっとショック。この科目は経済や証券分析と違って考えてわかる部分よりもとにかく覚えなくてはならないことが多くてあまり好きではないのですが、逆に試験前のこの1ヶ月で集中的に覚えてしまえば得点を稼ぐチャンスかもと前向きに考えることにします。

こちらも急ピッチで進めていかないと間に合わないので明日から平日も使ってかんばりますが、とはいえ1週間で終わるわけはないので、来週の土日は財務分析をすっ飛ばして経済の過去問を解くことになると思います。

現在までの総勉強時間・・・52時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス


posted by 貧乏独学者 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

<証券分析> 全章終了

久しぶりの更新となってしまいました。別に更新をサボっていたわけではありません。勉強の方をサボっていたんです(苦笑)
言い訳をすると先月は平日は残業が多かったほか歓迎会やら何やらで飲み会の連続。休日も出かけっぱなしでほとんど勉強する時間がなかったんです。いや、やろうと思えば時間はあったんですが、とてもやる気が起きなかったんです。

今月に入ってもう諦めようかとも思いましたが、せっかく試験は申し込んだんだし、今年少しでもやっておけば来年は少しは楽になるだろうから、1ヶ月で自分をとことん追い込んでやれるだけやってみようと思い立ちました。で、とりあえずこの連休中に証券分析を無理やり終わらせました。完全な理解は捨ててとりあえず問題を中心に進めていったので断片的な知識しか詰め込んでいませんが、こうでもしないと間に合わないのでこのまま次に突き進みます。

今後の予定ですが、まず平日は財務分析のテキストをこなします。電車の中や昼休みに読めるだけ読み、帰りに喫茶店にでも寄ってまとめて解く、といった感じで進めます(家に帰ると集中力が散漫になりあまりはかどらないので)。
そして休日は過去問をひたすら解きます。知人からもらったTACの過去問(昨年分)を見ると全部で16章あるので、1日につき3章のペースで進めます。そうすると試験前に土日が3日か4日余るので、協会から届いた過去問3回分を本番のつもりで解きます。

かなり絶望的なスケジュールですが、追い込まれたときの自分の力を信じてがんばってみます。

現在までの総勉強時間・・・41時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス
posted by 貧乏独学者 at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

<証券分析>第2章 債券ポートフォリオ戦略  終了

引き続き勉強の遅れ幅が拡大しています。現在、まだ第2章までしか終わっていません。思うように勉強時間が取れていない他、債券を理解するに予想外の時間がかかってしまいました。やはり仕事で携わる機会が少ない分野は理解がその分遅れてしまうようです。今回、一通り理解したつもりではあるものの、また過去問等で解いてみると忘れてしまっているかもしれません。

さて、そろそろ遅れを取り戻さないと本当に間に合わなくなってしまうので、通勤時間も利用して少しずつでも進めて行きたいと思います。証券分析は次の章までが山場だと思っていますので、そこを乗り切れれば少しは楽になるかなと。とにかく1ヶ月遅れですが、最低でも4月中には証券分析を終わらせます。

現在までの総勉強時間・・・27時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

<証券分析>第1章 株式ポートフォリオ戦略  終了

えー、気づけば3月も半分を終わってしまいました。勉強の方ははっきり言いまして予定よりかなり遅れています。言い訳ですが、仕事がめちゃめちゃ忙しかった上に体調を崩してしまい、思うように勉強が進みませんで・・・。

どこかで巻き返しを図らないと、今月中はもとより来月いっぱいかけても証券分析が終わらないハメになってしまいそうです。

さて、内容の方ですが、これも一次試験の復習といった感が強く、真新しいことはあまり出てきません。しかし、質問に対する回答を文章にするのは慣れていないと思った以上に難しく、とにかく答えを自分で書いてみる練習が必要だと感じました。

さて、次章は自分の苦手とする債券のお話。これ以上遅れを増やさないようがんばって取り組んでいきたいと思います。

現在までの総勉強時間・・・19時間

481323092X証券アナリスト2次対策総まとめテキスト 証券分析〈平成21年試験対策〉
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2008-12




ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

<市場と経済>第4章 金融論U:ミクロ基礎 終了

本日、経済の最後の章であるミクロ基礎の学習を終え、「市場と経済」については一通り学習を終えました。最後の章は分量が少なかったこともあり、比較的楽に終えることが出来ました。
「市場と経済」の全体を通しての感想は、新たに覚えることが少なかったということです。IS-LMや為替レート決定理論などの1次試験の内容をどれだけ理解しており、それを用いて現実の経済現象をいかに説明できるかが重要となるようです。

さて、3月は「証券分析」の勉強となります。この科目は分量的にも難易度的にも試験でメインとなるので、気合を入れて取り掛かりたいと思います。経済と同じように、TACの基本テキストを中心に学習していく予定ですが、テキストはかなり分厚く本腰を入れてかからないと1ヶ月では終わらなそうです。経済はほぼ日曜日だけで勉強を終わらせましたが、今度はそうもいかなそうなので平日もうまく時間をとりつつ学習を進めていきます。

現在までの勉強時間・・・15時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

<市場と経済>第3章 金融論T:マクロ経済 終了

予定通り、第3章が終了いたしました。今回学んだ章は、これまで学んだマクロ経済学の基本を最近の経済の動きに当てはめて説明するという内容で、新たに覚える内容は少なく復習という感じでした。
最後の章も分量が少ないようなので、予定通り乗り切れそうです。

現在までの勉強時間・・・12時間

posted by 貧乏独学者 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

<市場と経済>第2章 国際金融論終了

先週は平日が忙しくてまったく勉強ができなかったのですが、計画通りに進めるため、本日の日曜日のみで一気に国際金融論を学習しました。

内容は一次試験と重なる部分が多いのですが、一次試験の時から為替レートの決定理論については苦手であったため、少し入念に読み込みました。章末問題までこなしてようやく身に付いた感もありますが、試験までに苦手意識を克服するために、協会のテキスト等も含めて再度復習しようと思います。

その他の部分については、数式で考える以前にこの業界で働いていれば常識で理解できる部分も多く、問題を数問解いているうちによく問われるポイントもつかめたので、一通りマスターできたと思います。

あと2週で経済を終える予定ですが、今は細かいことの暗記は後回しにして(どうせ試験までには忘れてしまうので)、とりあえず残りも概念の理解に専念したいと思います。

現在までの勉強時間・・・8時間

posted by 貧乏独学者 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

<市場と経済>第1章 マクロ経済学終了

先週からTACの総まとめテキストにて経済の勉強を開始しておりますが、本日予定通り第1章のマクロ経済学が終了しました。

テキストを読み、例題もちょっと考えてからすぐに答えを見るといった感じで進めて行き、最後の章末問題だけ自分で答えを字に書いてみました。

IS−LM分析など1次試験での内容とだいぶかぶる部分が多く、内容は抵抗なく読み進められましたが、やはり記述式問題というのは慣れが必要だと感じました。

何となくわかっていても実際に文字にしてみると書き方に困るだけでなく、書くべきポイントも足りなかったりします。

このまま続けていけば記述には徐々に慣れてくるとは思うので、まずはテキストの内容を覚えることを中心に読み進めて行きたいと思います。

現在までの勉強時間・・・4時間

posted by 貧乏独学者 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

2次試験の勉強始めました

結局昨年中は何も勉強することなく、今年も早一ヶ月が過ぎた段階で、ようやく重い腰を上げて2次試験の勉強を開始しました。

2次試験についても最初は過去問中心にやろうかと思っていたのですが、実際に過去問をちょっと見て方針変更。TACの総まとめテキストを一通りやってから過去問に挑戦することにしました。

というのも一次試験と違って過去問は財務・経済・証券分析が一冊にまとめられているため範囲が限定的になってしまい、これをやるだけでは範囲を網羅できないと思ったからです。また今回は選択式ではなく記述式であるため、各項目についてきちんと理解できていないと思うように解答がてきないだろうとも感じました。

予定としては2月に経済、3月に証券分析、4月に財務分析、5月に過去問を中心とした総合演習といった具合で進めていくつもりです。この順番にしたのは、暗記項目が少ない順番で進めていった方が効率がいいだろうと思ったからです。ここの部分については人によって考え方がそれぞれだと思うので各自やりやすいようにすればよいかと思います。

さて、さっそく経済についてですが、TACの総まとめテキストはちょうど4章からなっているので、1週ごとに1章というペースで進めていきます。本日ちょっとだけ読んでみましたが、一次試験と重複する内容も多く、それほど抵抗なく読み進められそうです。

なお、すでに21年度版のテキストが出ているのですが、私は昨年のうちに先走って20年度版を買ってしまいました。私はこのまま突き進みたいと思いますが、皆さんは最新版を確認して購入するようにして下さい。

4813230946証券アナリスト2次対策総まとめテキスト 市場と経済〈平成21年試験対策〉 (証券アナリスト2次対策総まとめテキスト)
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2008-12



posted by 貧乏独学者 at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。