2009年10月12日

証券アナリストの資格を取得することの意味

たまに証券アナリストの資格の勉強ってどれほどの意味があるのか、と考えてしまうことがあるので、今日はその内容について書き記してみます。あくまで個人的な見解ですのでご了承下さい。また、賛成・反対のご意見もお持ちしています。


まず、私は運用会社に勤めていますが、この資格で学んだ内容は私にとっては実務では役に立たない知識の方が多かったと思います。というより、実務に必要な知識はこんな机上の勉強をしたところで身に付きません。その業務を実際にやって初めて身に付くものですし、実践に勝る勉強法はないでしょう。

そしてこの資格を取得したところで運用の成績が良くなる訳でもなければ、株価を的確に予想できるようになるわけでもありません。そもそも市場はちっとも効率的なんかではないですし、配当で株価なんて決まりません。だから配当成長モデルなんてものをもとにCAPMを利用して株価を求めようなんて、現実に照らし合わせるとまったく無意味だと思うのです。

確かに、債券やデリバティブの価格計算の方法の修得は必須だと思いますし、これらについてはこの資格を通して勉強して良かったと思います。しかし、こられのような必然的に導き出されるもの以外については、「今はこういう考えが流行っているんだ」程度に捉えておくのがよいのではないでしょうか。いろいろな考え方があるのを学ぶのは大事なことですが、はっきりと答えが出ていない論点をこういう資格試験に出題してしまうのはどうかな、とも思っています。

結局は予想株価や銘柄の組み入れの理由について、後講釈を加えるための知識を得るために役に立つ程度の資格かなと考えてしまいます。現にこの資格を取得している多数のアナリストが同一銘柄をBuyだSellだと反対方向を言っているわけですし、その予想はちっとも当たりません。要はどうしてその予想をしたのか、という理由付けをもっともらしくするのにこの資格の知識が必要ということでしょうか。

ということで、この資格は出世するためには必要なのかもしれませんが、実務にはあまり役に立たないものだと思っています。業界ではどのような考えが流行っているのかを知っておこう、ぐらいに考えて挑戦するのがいいのかもしれませんね。


いつかは、この資格を取得している人の方が取得していない人よりも運用成績や証券分析力に優れている、という時代になってほしいものです。



ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン


posted by 貧乏独学者 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アナリスト試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

電卓について

試験に際して関数電卓を使用するかどうかは1つ悩ましい選択肢といえると思います。多くの人にとって、関数電卓は日常業務で使用する機会はほとんどないでしょうから、試験のためにわざわざ買うのは気が引けると思います。

が、私は関数電卓を使用しました。そして使用して良かったと思います。なぜなら、べき乗や累乗根などの計算が容易というだけでなく、自分で考えた計算式をそのまま電卓に打ち込めるのでミスが少なかったからです。例えば、ポートフォリオの分散などの計算の場合、通常の電卓を使用する場合には自分で式を考えたあとに計算をいくつか個別に出し、最後にそれらを乗じたり足したりする必要があります。一方、関数電卓では式をそのまま電卓に打ち込めば一発で答えが出せるのです。こちらの方がミスは少ないと思いませんか?

もし、関数電卓を使用するのであれば、結構クセがありますから過去問を解く時などから使用して慣れておく必要があると思います。当日は、普段から使用している電卓と両方持っていくのが良いのではないでしょうか。

なお、おそらく会社の先輩などで過去にアナリスト試験を受けた方であれば関数電卓を持っている可能性があると思うので、借りられたら借りるのが無駄な出費を避けられて良いと思います。私は購入しましたが、試験以外では使用していません。金融関係の仕事においては、今どきExcelがあれば職場でも自宅でも関数電卓なんて使用する機会はないでしょう。

参考までに私はAmazonのクチコミを見て以下の電卓を購入したのですが、使いやすかったです。ただし、他の関数電卓を使用したことがないので、比較はできませんが。
CASIO スタンダード関数電卓 FX-991ES-N 仮数10桁
CASIO スタンダード関数電卓 FX-991ES-N 仮数10桁
おすすめ平均
stars人間工学的に使いやすい
stars頼れる相棒
stars土地家屋調査士試験には、最適
stars自然表示計算の処理速度が問題
starsおススメします

Amazonで詳しく見る



ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン
posted by 貧乏独学者 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アナリスト試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

協会テキストは必要か

一次試験、二次試験ともに言えると思いますが、試験合格のために協会テキストは必要ではありません。現に私がテキストはほとんど見ずに合格しましたから。

もちろんテキストの内容をすべて習得すれば合格は可能なのでしょうが、効率が悪すぎます。独学で試験に臨むにあたっては、まずは市販のテキスト・問題集をこなすべきでしょう。それらが一通りマスターできてから、協会テキストを読むという方が理解の面でも優れていると思います。

私の場合、テキストと過去問で手いっぱいでしたから協会のテキストを読む余裕はありませんでしたが、余裕をもって試験勉強を行っている人はその後でテキストを読むことで合格へ大きく近づけるのではないかと思います。分野にもよりますが、内容は素晴らしいとの声もありますから。

あるいは試験の合格が第一の目標ではなく、試験範囲の完全な理解を目的として勉強をしている人にも協会テキストは良いかもしれません。もっともそんな人は少数派でしょうし、少なくともこのブログを見に来るようなことはないと思いますが(笑)

ただ、個別の分野を勉強するにしても個人的には難解な協会テキストを読むよりは、市販の評価が高い本を多読した方がいいと思います。同じ内容をいろいろな視点から見てみると理解度は格段に上がりますので。

ということで結論としては協会テキストが必要なケースはかなり稀になってしまいますが、私が受けた二次試験はテキストを読んでいた人に有利だったことも事実です。協会テキストを全部理解してやろうなんて気張らずに、苦手な分野や市販テキストがカバーしていない分野を参考程度に読んでおくくらいの気持ちで利用すれば良いと思います。

ちなみに、そのうち読むかもしれないととっておいた私の協会テキストですが、やっぱり読みそうもないので先日処分しました(笑)


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ blogram投票ボタン


posted by 貧乏独学者 at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | アナリスト試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。