2009年03月29日

<証券分析>第2章 債券ポートフォリオ戦略  終了

引き続き勉強の遅れ幅が拡大しています。現在、まだ第2章までしか終わっていません。思うように勉強時間が取れていない他、債券を理解するに予想外の時間がかかってしまいました。やはり仕事で携わる機会が少ない分野は理解がその分遅れてしまうようです。今回、一通り理解したつもりではあるものの、また過去問等で解いてみると忘れてしまっているかもしれません。

さて、そろそろ遅れを取り戻さないと本当に間に合わなくなってしまうので、通勤時間も利用して少しずつでも進めて行きたいと思います。証券分析は次の章までが山場だと思っていますので、そこを乗り切れれば少しは楽になるかなと。とにかく1ヶ月遅れですが、最低でも4月中には証券分析を終わらせます。

現在までの総勉強時間・・・27時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス



posted by 貧乏独学者 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

<証券分析>第1章 株式ポートフォリオ戦略  終了

えー、気づけば3月も半分を終わってしまいました。勉強の方ははっきり言いまして予定よりかなり遅れています。言い訳ですが、仕事がめちゃめちゃ忙しかった上に体調を崩してしまい、思うように勉強が進みませんで・・・。

どこかで巻き返しを図らないと、今月中はもとより来月いっぱいかけても証券分析が終わらないハメになってしまいそうです。

さて、内容の方ですが、これも一次試験の復習といった感が強く、真新しいことはあまり出てきません。しかし、質問に対する回答を文章にするのは慣れていないと思った以上に難しく、とにかく答えを自分で書いてみる練習が必要だと感じました。

さて、次章は自分の苦手とする債券のお話。これ以上遅れを増やさないようがんばって取り組んでいきたいと思います。

現在までの総勉強時間・・・19時間

481323092X証券アナリスト2次対策総まとめテキスト 証券分析〈平成21年試験対策〉
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2008-12




ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

<市場と経済>第4章 金融論U:ミクロ基礎 終了

本日、経済の最後の章であるミクロ基礎の学習を終え、「市場と経済」については一通り学習を終えました。最後の章は分量が少なかったこともあり、比較的楽に終えることが出来ました。
「市場と経済」の全体を通しての感想は、新たに覚えることが少なかったということです。IS-LMや為替レート決定理論などの1次試験の内容をどれだけ理解しており、それを用いて現実の経済現象をいかに説明できるかが重要となるようです。

さて、3月は「証券分析」の勉強となります。この科目は分量的にも難易度的にも試験でメインとなるので、気合を入れて取り掛かりたいと思います。経済と同じように、TACの基本テキストを中心に学習していく予定ですが、テキストはかなり分厚く本腰を入れてかからないと1ヶ月では終わらなそうです。経済はほぼ日曜日だけで勉強を終わらせましたが、今度はそうもいかなそうなので平日もうまく時間をとりつつ学習を進めていきます。

現在までの勉強時間・・・15時間


ポチッとご協力下さい。いろいろな勉強法があって参考になりますよ〜。
banner_21.gif にほんブログ村 資格ブログへ 相互リンクとランキングプラス

posted by 貧乏独学者 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

<市場と経済>第3章 金融論T:マクロ経済 終了

予定通り、第3章が終了いたしました。今回学んだ章は、これまで学んだマクロ経済学の基本を最近の経済の動きに当てはめて説明するという内容で、新たに覚える内容は少なく復習という感じでした。
最後の章も分量が少ないようなので、予定通り乗り切れそうです。

現在までの勉強時間・・・12時間

posted by 貧乏独学者 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

<市場と経済>第2章 国際金融論終了

先週は平日が忙しくてまったく勉強ができなかったのですが、計画通りに進めるため、本日の日曜日のみで一気に国際金融論を学習しました。

内容は一次試験と重なる部分が多いのですが、一次試験の時から為替レートの決定理論については苦手であったため、少し入念に読み込みました。章末問題までこなしてようやく身に付いた感もありますが、試験までに苦手意識を克服するために、協会のテキスト等も含めて再度復習しようと思います。

その他の部分については、数式で考える以前にこの業界で働いていれば常識で理解できる部分も多く、問題を数問解いているうちによく問われるポイントもつかめたので、一通りマスターできたと思います。

あと2週で経済を終える予定ですが、今は細かいことの暗記は後回しにして(どうせ試験までには忘れてしまうので)、とりあえず残りも概念の理解に専念したいと思います。

現在までの勉強時間・・・8時間

posted by 貧乏独学者 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

<市場と経済>第1章 マクロ経済学終了

先週からTACの総まとめテキストにて経済の勉強を開始しておりますが、本日予定通り第1章のマクロ経済学が終了しました。

テキストを読み、例題もちょっと考えてからすぐに答えを見るといった感じで進めて行き、最後の章末問題だけ自分で答えを字に書いてみました。

IS−LM分析など1次試験での内容とだいぶかぶる部分が多く、内容は抵抗なく読み進められましたが、やはり記述式問題というのは慣れが必要だと感じました。

何となくわかっていても実際に文字にしてみると書き方に困るだけでなく、書くべきポイントも足りなかったりします。

このまま続けていけば記述には徐々に慣れてくるとは思うので、まずはテキストの内容を覚えることを中心に読み進めて行きたいと思います。

現在までの勉強時間・・・4時間

posted by 貧乏独学者 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

2次試験の勉強始めました

結局昨年中は何も勉強することなく、今年も早一ヶ月が過ぎた段階で、ようやく重い腰を上げて2次試験の勉強を開始しました。

2次試験についても最初は過去問中心にやろうかと思っていたのですが、実際に過去問をちょっと見て方針変更。TACの総まとめテキストを一通りやってから過去問に挑戦することにしました。

というのも一次試験と違って過去問は財務・経済・証券分析が一冊にまとめられているため範囲が限定的になってしまい、これをやるだけでは範囲を網羅できないと思ったからです。また今回は選択式ではなく記述式であるため、各項目についてきちんと理解できていないと思うように解答がてきないだろうとも感じました。

予定としては2月に経済、3月に証券分析、4月に財務分析、5月に過去問を中心とした総合演習といった具合で進めていくつもりです。この順番にしたのは、暗記項目が少ない順番で進めていった方が効率がいいだろうと思ったからです。ここの部分については人によって考え方がそれぞれだと思うので各自やりやすいようにすればよいかと思います。

さて、さっそく経済についてですが、TACの総まとめテキストはちょうど4章からなっているので、1週ごとに1章というペースで進めていきます。本日ちょっとだけ読んでみましたが、一次試験と重複する内容も多く、それほど抵抗なく読み進められそうです。

なお、すでに21年度版のテキストが出ているのですが、私は昨年のうちに先走って20年度版を買ってしまいました。私はこのまま突き進みたいと思いますが、皆さんは最新版を確認して購入するようにして下さい。

4813230946証券アナリスト2次対策総まとめテキスト 市場と経済〈平成21年試験対策〉 (証券アナリスト2次対策総まとめテキスト)
TAC証券アナリスト研究会
TAC出版 2008-12



posted by 貧乏独学者 at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

1次試験の勉強法(財務分析)

最後に財務分析の勉強法です。この科目も基本的には過去問の反復で問題はないのですが、私は最初に「会計のことが面白いほどわかる本」をたまたま読んでいてこれが実にその後の勉強を楽にしてくれました。この本はこと暗記になりがちな会計について、背景や考え方から平易な用語で丁寧に説明してくれています。会計というものがどういうものかを理解するのに一番の近道といえると思います。

あとは過去問の反復とTACテキストでの確認でOKなのですが、財務分析の最後の大問はここ数年ずっと同じ形式で出ています。これを解けるかどうかが勝負の鍵となってきますので、特に最後の問題については過去問を繰り返し解いて慣れておくと良いと思います。

posted by 貧乏独学者 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

1次試験の勉強法(経済)

経済は基本的に過去問をこなしておけば容易に突破できると思います。証券分析と同じくまず過去問を解いて、解説を読んでも理解できなかったらTACのテキストで内容を確認、という流れでよいと思います。

TACの過去問には重要度に応じて☆マークがついていますが、☆3つのものだけまず最後まで全部やって、終わったら次は☆2つのものも含めて最初から全部やり直して、時間があれば最後に☆1つも解いてみるという感じて進めると効率的でしょう。証券分析と違って複雑な計算式は多くないので、1周こなすのにそれほど時間もかからないと思います。

これだけでも試験の合格は可能だと思いますが、一度体系立ててきちんと学習したいの方へのオススメは中央経済社の「経済学入門塾」シリーズです。証券アナリストだけでなく公務員や公認会計士の「経済」の科目に合格するために書かれた本なので、試験に問われやすい要点を体系的に学ぶことが出来ます。しかもわかりやすいので1冊終わるのにもそれほじ時間はかからないでしょう。1次試験レベルであれば「Tマクロ編」と「Uミクロ編」をやっておけば十分だと思います。

posted by 貧乏独学者 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 1次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

1次試験の勉強法(証券分析)

3科目のうち最も難易度が高く問題数が多い(範囲が広い)のがこの証券分析です。特に数学が苦手な人にとっては高いハードルかもしれません。しかし、数学が必要といっても出題範囲は限られています。協会のテキストを読むとそのレベルにぞっとしますが、そんなに難しい知識はいらないので安心してください。

勉強法としてはとにかくまずはTACの過去問集で過去問をこなしてください。何も勉強をしていない人もまずは過去問にぶつかってみて下さい。おそらく解けないと思いますが、すぐに解答・解説を見てください。解説を読んで「なるほど」と思えた人はそのまま進めて下さい。意味不明な人はTACのテキストでその範囲をさらっと学習してください。TACのテキストを読んでも書いてあることがわからない人は、本当に数学を忘れている可能性が高いので、何かしらの本でわからない部分の数学を復習してください。協会副読本の「証券アナリストのための数学再入門」あたりが分かりやすくていいと思います。

この調子で過去問を進めていると似たような問題が連続して出てくるので段々と解けるようになってきます。その状態で証券分析系の参考書を読むと書いてある内容がわかるはずです。私が読んだ中でオススメの本は今は絶版ですが「ゴミ投資家のためのインターネット投資術入門」です。タイトルに似合わずポートフォリオ理論やら債券のデュレーションやら平易な文体で勉強できます。

横道にそれましたが、証券分析は過去問を全部解くだけでもそれなりの時間がかかります。一巡したら今度はどこかの年度の過去問を一年分だけ解いてみて苦手な分野を発見してください。そして2周目は苦手な分野を中心にまた過去問を解けばいいのです。私は2周目が終わった頃にタイムアップでしたが、試験では約8割の得点を上げています。3周以上回せるひとにとってはもう楽勝でしょう。

難関の証券分析でさえたったこれだけで合格可能なのですから、ぜひ独学でがんばってみることをオススメします。




posted by 貧乏独学者 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 1次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。